boxのためのロゴ作成のコツ

boxはさまざまなものを収納するために便利な入れ物ですが、外観に何の飾りもなく、味気ないデザインのものも多いです。ですが、boxの外部にロゴを入れることで、ものを入れるだけのboxを、おしゃれなインテリアにすることもできます。

boxによって相性の良いロゴも異なりますが、ここではboxに合うロゴの作成方法について、種類別に紹介していきます。

→ロゴの作成をするために勉強しておくと良いこと

ギフトboxに合う高級感のあるロゴ

boxの中でも、贈り物を入れるために使用されるギフトboxは、特に外観が重視されます。ギフトboxの外観を美しくデザインすることで、中に入れる贈り物も引き立てることができ、贈った相手にも喜ばれます。ギフトboxの外部におしゃれなロゴを入れることで、贈り物にも最適なboxを作成することができますが、ギフトbox用のロゴをデザインするうえで重要になるのが高級感です。

ギフトとして相手に贈るものである以上、それを入れるboxにもしっかりとした高級感が求められますが、それを演出できるのがロゴです。

ロゴを入れるだけで、ギフトbox全体を高級感のあるデザインにすることができます。boxの全体にロゴをデザインすれば、より華やかな印象のギフトboxを作成することができます。ギフトboxの一部にだけロゴをデザインすることも可能で、ロゴを入れる場所を限定することで、高級感をアップすることもできます。

ギフトboxに高級感を出すために、ゴールドやシルバーをデザインに取り入れるのも、よく使用されている方法です。ゴールドやシルバーがロゴに入っていることで、それがつけられているギフトboxも高級なものに見えます。

色にもこだわるギフトboxのロゴ

ギフトboxにロゴを入れる場合には、使用する色も重要なポイントなります。贈られた人に喜んでもらえる色を使うのが、色を決める時のコツです。相手が好きな色を選んでロゴを作成すれば、贈り物にもぴったりなギフトboxになります。

女性に贈るギフトboxならば、白やピンクなどの明るい色をロゴのデザインに多く取り入れれば、ギフトbox全体も明るい雰囲気になります。男性に贈るギフトboxにロゴを入れる場合には、ブラックやブルーなど落ち着いた色を多く取り入れることで、品のあるギフトboxになります。

子供に贈るギフトboxにロゴを入れる場合には、黄色やオレンジなど、子供が喜びそうな明るい色を多く使用することで、贈り物にもぴったりな華やいだデザインのギフトboxになります。高齢者にプレゼントをする場合でも、ギフトboxを工夫することで、一味違った贈り物をすることができます。

還暦のお祝いを迎えた人によく贈られるのが赤いちゃんちゃんこですが、ちゃんちゃんこを入れるギフトboxにも、赤いロゴを入れることで、還暦のお祝いにもふさわしいboxになります。

ギフトboxの形状によって変えるロゴの形

ギフトboxにロゴを入れる場合には、ロゴの形状もbox全体のイメージを決める重要なポイントになります。ロゴの形状は、ロゴを入れるboxの形状によっても、それぞれぴったり合うデザインが異なります。ノーマルな四角い箱のギフトboxの場合には、ロゴのデザインも直線を多く取り入れたもののほうが、boxとの相性も良いです。

ふたが丸いタイプのboxの場合には、使用するロゴも曲線を多く使用したものの方が、全体の雰囲気が統一するので、品の良いデザインになります。boxの大きさによっても、最適なロゴの入れ方は異なります。一辺の長さが20センチメートル以上の大きなギフトboxの場合には、ロゴの大きさが小さすぎると、非常に目立ちにくくなってしまうので、ロゴを目立たせたい場合には、あらかじめ大きめのサイズで印刷する必要があります。

サイズの大きいロゴならば、ロゴの中にメッセージを入れることも可能です。感謝の気持ちを伝えるメッセージをロゴの中に入れるだけで、贈り物だけでなく、相手への感謝の思いも一緒に届けることができます。

コンテナboxにも入れられるロゴ

大型の荷物を運搬するのに使用されているコンテナboxにも、ロゴを入れることができます。コンテナboxには業務用として使用されているものも多いですが、boxの側面に使用している企業の名前が書かれたロゴをつけることで、業務にも利用しやすくなります。

コンテナboxにロゴを作成する場合には、boxのどの部分にロゴを入れるかでも、使いやすさが大きく異なってきます。見えにくい部分にロゴが書かれている場合には、外部から確認しにくくなる場合もあるので、運送の妨げになる場合もあります。

そのために、コンテナboxにロゴを入れる場合には、できるだけ見やすい場所を選んで、ロゴをつける必要があります。ロゴの位置が見やすければ、外部からも確認がしやすくなるので、作業もスムーズに進めることができます。

コンテナboxにロゴをつける場合には、boxの中に入れる荷物の種類をロゴに表記する方法もあります。コンテナboxの中に何が入っているのかが外側のロゴで簡単に確認できれば、いちいち中を見て確認する手間が省けるので、効率的に作業を進めることができます。

収納boxにもつけられるロゴ

家庭やオフィスで使用されている一般の収納boxにも、ロゴを入れることができます。お気に入りの収納boxに、自分の好きなデザインのロゴを入れることで、さらに愛着を持って使用することができます。子供が使用している収納boxにロゴを入れる場合には、子供が好きな動物が描かれたロゴなどを使用することで、子供にも喜んでもらえます。

片づけが苦手な子供にも使用できる方法です。家族の多い家庭の場合には、収納boxを利用している家族ごとに異なるデザインのロゴを作成することで、誰が使っているのかをすぐに確認できるので便利です。

オフィスで使用しているboxにロゴを入れる場合には、どこの課で使用されているboxであるのかを外側に明記することも、収納boxを使いやすくする方法です。収納boxを社内でなくした場合にも、後でboxが見つかった時に、どこの課で使用しているものかすぐに確認できます。

社内で同じタイプの収納boxを購入した際に、まとめてロゴを入れておけば、業務にも使用しやすくなります。

さまざまなタイプのboxにつけられるロゴ

boxにロゴをつけることで、さらにboxが使用しやすくなります。boxの種類によっても最適なロゴのタイプは異なり、贈り物に使用されるギフトboxの場合には、贈った人に喜ばれるロゴをデザインすることで、贈り物をより魅力的にすることができます。

業務用に使用されているコンテナboxや家庭用の収納boxにも、ロゴを入れることができます。